【コラーゲン】本当は優秀な成分とは言えない理由

「ハリのある弾力あるお肌にするにはコラーゲンを摂取するのが良い」

これは世の中の女性がよく口にする言葉です。

皮膚を構成するほとんどの役割をコラーゲンが担っているわけなのであながち間違ったことではありません。

お肌にとってコラーゲンはなくてはならない成分であるということは確かです。

コラーゲンと秘密の部屋

コラーゲン

洗顔料から乳液美容液保湿クリームに至るまでコラーゲンが配合されています。

なので、ついつい考えてしまいがちなことは、

「コラーゲンが入った化粧品を使えば皮膚のコラーゲンが増えて美肌になれるのでは?」

ということではないでしょうか?

ここには落とし穴があるんですよねぇ。

 

コラーゲンといっても所詮は分子の小さな小さな物質にすぎません。なので、皮膚にはしっかりと吸収されずに、肌の奥の奥までは届かないというのが現状です。

最先端技術によりコラーゲンが進化

しかし、最近では技術が進化したおかげで、コラーゲンが皮膚の奥まで届くようになってきているというのも事実です。

ただし、皮膚の奥まで届いたからといっても働きが強まるということはありません。

 

コラーゲンは、化粧品の保湿効果を発揮する程度のものと捉えておいた方が良いでしょう。

皮膚にはアミノ酸が消化されてしまい、余ったら最後に分配されると思っておいた方が良さそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です